関節が痛いよ〜〜。

 

 

 

君を笑顔にしたくて私はアイドルをやってる、なんて綺麗事なんだけど、綺麗事なだけで嘘では無くて、別に信じてくれなくてもアイドルの闇なんてものを面白おかしくカルチャーにされても上げ足を取られても歌で踊りで存在で、明日の誰かが仕事で頑張れたり死にたいって、私のこと考えてるあいだは思わなくなったり、したらいいよ。承認欲求が強いので。

君のためと言いながら全部自分を許すための術でしかないけど、君も自分を許すための術を私にしていていいよいつまでもwinwinでいようね。

 

 

昨日の遠坂と佐藤の生誕祭ありがとうございました。

もう会えないと思ってた、来てくれないと思ってた人がいっぱい居て、嬉しくなった。

みんなが私達のこと知ってて、みんなが二人におめでとうって言ってた。

凄いことだよね。

偉い凄い人たちにはあの程度でって言われそうだけど私達は本当にライブハウスいっぱいに広がる全ての愛が嬉しかったです。

最後の最後に佐藤が「成長できてるのかなって思ってたけど今日沢山の人が来てくれて安心した」的なニュアンスのことを言っていたけど本当にそうで、私達進めてるのか止まって足踏みしてるだけなのではないかとか、ライブつまらないとかマンネリとか言われたりしたし凄い思ってたけど進めててよかった。進ませてくれてありがとう。

 

何かの終わりでも始まりでもない日だった、けど、少なくとも私は大きく何かが変わった日になったよ。

 

ずっと君の偶像でいたい、サウンドバッグでいたいストレスのはけ口にしていいよ。

私達の音楽に声に存在に何もない日常を、よくわからん偉い人たちに潰された心もここに置いて行っていい。

 その代わり売れさせてください。

 

 

おやすみ。